2017年11月08日

裏話的な何か 名前の由来:地名その他

 以前から『絶界の魔王城』に出てくる人名は結構いい加減という話をしてますが、地名も相当いい加減だよっていう話。

・ダウスラント(クリーガの出身地) →英語「south」+「land」を適当にアレンジ
・ナザンレート(ジェシナの出身地) →英語「nothern land」を適当にアレンジ
 まだ出てきませんが「ハ」で始まる地名もあって、これに「アバリティア」「カブータル」「ザタナシュロス」を加えると「あ・か・さ・た・な・は」まで行きます。ちなみにむすんでひらいて漫画ではラまで行ってる。

 そういえばザタナシュロスの由来も書いてなかったんでしたっけ…?
・ザタナシュロス →イタリア語/ドイツ語「魔王」(イタリア語で「サタナ」/ドイツ語で「ザータン」)+ドイツ語「城」(シュロス)
 「シュロス」は城と言っても中世の防衛用の城というより、城館っぽい語のようです。

 アバリティアの由来はわかる人にはすぐピンと来るかと思いますが、ちょっとまだ伏せておきます。カブータル(とその首都カナール)も伏せておこうかな。

 その他。
・プルーリオン(アバリティア首都) →ギリシャ語「城」
・アナスタシア(女神) →ギリシャ語「復活」(アナスタシス)

 ところでネーミングにあたって「BABEL」というサイトに大変お世話になっているんですが、BUCK-TICKのニューシングルも『BABEL』っていうんだぜ…。
 なお、『絶界』はBUCK-TICKの曲からいただいております。無常だ絶界。
posted by 神名リュウト(KaL) at 22:25| 裏話的な何か

2017年10月30日

裏話的な何か 名前の由来:イザード・ウィリー、ジェシナ・アレイツァリ、プレーテ・ヒエレウス

 相変わらずいい加減な『絶界の魔王城』の登場人物の名前の由来。

・イザード・ウィリー →英語「wizardry」(ウィザードリィ/魔法)のアナグラム
 私がwizardryって言ったら100%ゲームの方だろうと思われますでしょうが、いやもちろんWizardry大好きなんですが、「魔法」の方の意味から取ったつもりです。
 なお性別については、黙ってた方が面白いなと思いました。

・ジェシナ →ロシア語「女性」(ジェーニシシナ)
・アレイツァリ →ロシア語「騎士」(ルィーツァリ)
 ジェーニシシナの縮め方をかなり迷った記憶。

・プレーテ →イタリア語「僧侶」
・ヒエレウス →ギリシャ語「僧侶」
 筋金入りの僧侶みたいな名前してる割にあの性格。
posted by 神名リュウト(KaL) at 10:39| 裏話的な何か

2017年06月29日

裏話的な何か アバリティア歴代王様名前シリーズ

 記事畳むほどのネタバレでもないかな、と思ったのでそのまま書いちゃいます。

 これも前々回の更新分の話になってしまいましたが、『絶界の魔王城』に出てくる人名は結構いい加減だよ、っていう話。今回は歴代アバリティアの王様シリーズ。レイは以前にも書きましたが改めて。
・レイ→王(スペイン語)
 ヴァリエンテ→勇敢な(スペイン語)
・バシレウス(レイの父)→王(ギリシャ語)
・カレイジャス(初代勇者)→勇敢な(英語)courageous
・ブラーブ(レイの高祖父)→勇敢な(英語)brave

 …こう並べるとひどいね!(笑)
posted by 神名リュウト(KaL) at 19:28| 裏話的な何か

2017年05月28日

裏話的な何か こうだったら面白いかもねシリーズ第1弾

 続きからどうぞ。

続きを読む
posted by 神名リュウト(KaL) at 22:12| 裏話的な何か

裏話的な何か 名前の由来ほか:セラ・ハイアラーキ

 セラの名前の由来。
 ネタバレ含むので続きからどうぞ。

続きを読む
posted by 神名リュウト(KaL) at 22:12| 裏話的な何か